es[エス](Das Experiment, The Experiment) ですか


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%アップルサイダーを飲んでみた
  10. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
この記事の読了時間: 045

ごきげんよう
今回の映画はesです。
内容は
スタンフォード監獄実験を基にした映画。新聞広告にだされた内容、実験に二週間参加すれば4000マルク。
主人公はその広告から実験に参加することに。囚人と看守を分けて二週間演じ続ける。
人が役目によってどう変わっていくかを書いた作品。
最初のほうはまだ良いんだけど、後半に向かうにつれて精神的なダメージを受けていく。これはSAWで見た人間が持つ怖さに近いかも。
些細なことで始まる囚人と看守の争い。規則を超えて自らが規則となろうとする看守役の人たち。
行き過ぎた果てに見えたのは取り返しの付かない現実。
人間はここまでどうしようもない状態になってしまうのでしょうか。
クリスマスには全く相応しくない映画ですが、観ておいて良いと思います。
それでは ごきげんよう

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>