シンドラーのリスト(Schindler’s List) ですか


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  5. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  6. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
この記事の読了時間: 057

ごきげんよう
今回はこの映画。シンドラーのリストです。
内容は第二次大戦中のポーランドのドイツ占領下クラクフでユダヤ人はゲットーの中に追放されてしまう。そんな中、ドイツ実業家であるシンドラーがユダヤ人を雇って琺瑯容器工場の経営を始める。
シンドラーの事業は拡大していくも、SS将校アーモン・ゲート少尉がクラクフ・プワシュフ強制収容所の所長としてクラクフに赴任してくる。そして、ゲートとその部下のSS隊員達はユダヤ人殺戮を始める。
そして、シンドラーはあるリスト作成を始める。
全編ほぼモノクロ映画です。ユダヤ人がゲットーに追いやられ、そして殺戮が始まる。次にどうなるかと思いながら一気に見終えました。
空気がどんよりとしていて、モノクロの映像がまたそれを増幅させているような気がします。
まるでモノのように列車に押し込められて連れていかれて殺される。処理・作業する人も同じユダヤ人。そこには確かに想像を絶する絶望感が漂っていたのかもしれません。
これは忘れてはいけない事です。
この作品は見ておくべきです。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>