2012 ですか


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  8. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 115

ごきげんよう
今回はこの映画。2012です。なんとなくです。
内容は……説明するの面倒なんでどこかで見てください。
感想として、面白かったとは思う。
主人公たちが何度も危ない目に遭いながらも脇役たちが代わりに消えていく様。
車に乗って逃げるシーンからずーっと危険な状態で「ああ、映画っていうかフィクションだなぁ。」っていう気持ちになった。
お父さんとパパが別々に居るとか昔ディズニーランドかシーに行ったときに実際にあったよ。あれはあんまり見たくないね。
最後のゲート云々もあっさり脇役の男が死んじゃってそれに対して女性があんまり反応していないというかもうちょっと反応するよね。
それでいて主人公は息子と一緒にゲート直しに行って戻ってくるのは良いけどこういう水没した場所に「ちょっとゲート開放してくる」的な事は他の災害ものでもあるから特に無かった。まぁ、助かるのはお決まりだよね。助かるのは良いけどブリッジやら喜びすぎ。エンジン始動して助かったテンションのままで喜んでいるんだろうけどちょっと勢いがありすぎ。船に乗れずに亡くなった人がどのくらい居るのかと。
それよりも一番気になったのはかわいそうに主人公たちと主人公の娘さんの間に挟まれて溺れたお姉さん。全く触れないとか何よそれ。さらっとしすぎさらっと。
ただ良かったのは大統領が残ったことかね。中身的にはそこぐらい。
観ても観なくても良いと思う。
それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>