Avalon 灰色の貴婦人 ですか


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 057

ごきげんよう
今回はこの本を読んでみた。
内容は押井守監督作のAvalonを本人あ小説で書いてみたといもの。
感想
映画版の後日談的なものかなと思う。アッシュが出てくるようだしクラス特Aに行っちゃうし。導くのアッシュだし。
そういえば映画版も未帰還者を殺すんだったっけか。この作品ではアヴァロンのゲームがメインでクラス特Aに入って終わっちゃうけど。もうちょっと書いたほうが良かったかと思いつつこれはこれでまとまっていると思った。
意外と早く読み終わった。やっぱり銃器とかのネタが多かった。哲学に向かってループにならなかっただけblood the last vampireの時よりはまともか。堂々巡りはやめてほしい。あれはあれで面白かったけど。
これは読んでみても良いかもしれない。だけど万人受けはしないと思う。それとSFが分かるとよいかも。
それだけ
それでは ごきげんよう

[amazonjs asin=”4840107424″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Avalon 灰色の貴婦人 (MF文庫J)”]

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>