火事とデータマイニングと水道管


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  7. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  9. 大阪新世界の寅勝で串かつ食べ放題をしてみた
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 041

ごきげんよう

今回はこの記事です。

火事を予知する「データマイニング計画」をニューヨーク消防局が開始予定 – GIGAZINE

http://gigazine.net/news/20140215-predict-fire-by-data-mining/

ニューヨークが始めたか。
火事が起きやすい時間、場所、家の特徴、家族構成とか? 収集してまとめるのかな。

数勝負やね。しかも、相手はほとんど自然よか人為的だよ。サンプル集まらないと有効に活用できるか。
頑張っていただきたい。

それなら、水道管の、次に破裂しやすい場所特定するのに使ったほうが良さそう。
水量とか年数とかでどのくらいで壊れるって大体分かってくると思うが。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>