WebゲームがUnreal Engineで進化する


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. 月額190円からiPadを外で使おう 日本通信の「b-mobile S 190 Pad SIM」
  10. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
この記事の読了時間: 12

ごきげんよう

今回はこの記事です。

EpicとMozillaが共同でUnreal Engine 4をWebにポート, Webゲームの高速化いよいよ本番

http://m.jp.techcrunch.com/2014/03/13/20140312epic-partners-with-mozilla-to-port-unreal-engine-4-to-the-web/

始まったな。
これまで何度も名前は聞いているUnreal Engine。
まさかWebに組み込んでくるとは。

これはかなり面白くなってきた。
何がすごいって、ブラウザで高度なゲームが出来るって事。
Webをゲーム開発のためのプラットホームにするってことはスマートフォンでも使える?
FirefoxOSと絡んできますね。
「ゲームも出来るよ!」って事です。

ちょっと気になるのは馬鹿でかいプログラム走らせた場合はどうなるのか。ブラウザキャッシュか一度ダウンロードして読み込みかね。

どうにせよ、ゲーム開発者にとっては次のプラットフォームが現れたと言えるでしょう。

今後に期待です。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>