加熱するキャッシュバック競争の先に


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 055

ごきげんよう

今回はこの記事です。

家族4人で52万円! 沖縄スマホ販促の壮絶

http://toyokeizai.net/articles/-/33342?display=b

最近、10万前後のキャッシュバックをドコモのショップがやっているのをみて、ああ、「適切なキャッシュバック」に対抗してきたかと思ってましたが
沖縄は既にキャッシュバック競争状態だったようです。

どれだけお金を積んで契約してもらうんだろうか。
スマートフォンだとデータ通信含め、高い料金設定なのでそこで回収するのかと思いがちだが。
そもそも元手は既存ユーザーの支払いから。

既存ユーザーとしては新しい技術や基地局増設、速度安定とかが重要。それに、料金が今より安くなるならそれの方が良い。
高い金払って、それが、キャッシュバックの元手になるなら嫌です。

最近、総務省の指導云々の話になりましたが、
今後もキャッシュバックによる消耗戦が続くのか見守りたいと思います。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>