ペンタブで空間にスケッチを


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  6. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  7. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  9. LG Watch Urbaneを買ってみたので使用感や注意点をまとめておく
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 039

ごきげんよう

今回はこの記事です。

次元を超える。立体的なイメージを空間に描く次世代ペンタブ「Gravity」

http://www.gizmodo.jp/sp/2014/04/ar3dgravity.html

メガネもここまで来たのか。
このまま電脳メガネになっていきそうな。
メガネをかければ他人が作ったのも見られるということなので、メガネをかけた複数人がいろんなオブジェクトを作って見せ合うとか出来たら楽しそうですね。

そうなると、メガネ間のデータ同期が必要なのかな。
こういうアイディアが日本からももっと生まれなきゃなと思います。
現在開発中らしいので完成品が気になります。
今後に期待です。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>