詐欺アプリ、Google Playで再び


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. LG Watch Urbaneを買ってみたので使用感や注意点をまとめておく
  6. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. HDDレコーダー(DVR-1)のHDDを換装してみた時に揃えたもの
この記事の読了時間: 138

ごきげんよう

今回はこの記事です。

やはり詐欺、Google Playでテンプレ流用のAndroid向けウイルス対策アプリが検索上位に氾濫 | アプリオ

http://appllio.com/20140416-5118-scam-anti-virus-app-on-google-play-store

ほんの二週間ぐらい前に有料アプリトップのウィルス対策アプリが対策になっていない詐欺アプリというのがありました。

ランキング1位のAndroid向け有料ウイルス対策アプリ……実は詐欺でした | アプリオ

http://appllio.com/20140407-5084-virus-shield-is-scam

サクラのレビューに釣られてランキングトップまで行ったアプリです。
GitHubに逆コンパイルしたJavaコードが公開されているくらいです。晒されました。

そして、今回二匹目のドジョウを狙ったのか大量生産されています。
今回はアプリ内課金を使うことで「それっぽく見せる」工夫が施されています。すげー。

パーミッション数だけだして、恐怖を煽った上で「安いアプリ内課金で詳細が見られますよ」っていう流れ。
人の「この端末大丈夫かしら?」という所につけ込む酷いアプリだ。
有料版でもパーミッション名だけしか確認できないらしい。なんのための有料か。

しかもこれらアプリはASOというアプリストア最適化が施されているようで、検索上位に来やすいんだとか。

Android端末は沢山発売されていて、日本以外の国ではAndroidがiOSよりもシェアが高い傾向。
Windows的立ち位置になってきましたね。

アプリによってはレビューや調査を行った結果を公開しているものもあります。
皆さんも騙されて無駄に出費しないようご注意ください。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>