オランダの学生が個人的なデータを350ユーロで販売


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  8. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 053

ごきげんよう

今回はこの記事です。

Dutch Student Sells All of His Personal Data for 350 Euros

http://theconversation.com/dutch-student-sells-his-data-for-350-but-at-what-price-privacy-25736

企業が収集する個人的なデータを個人が値段をつけてオークションで自ら売る時代になりました。
個人が自分の情報を売る市場なんて無いのですが、それでも売りに出してしまうこのご時世。
対象は場所の記録、医療の記録、個人的なカレンダー情報、Eメールやソーシャルメディアの情報。
ここには個人情報の価値がいかほどなのか。企業が収集する個人情報とそれに対する恩恵は見合っているのか
というお話が見え隠れしています。
これによってネット上の個人情報に対する考えが変わるのならそれもまた面白いでしょう。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>