アプリ開発のための技術検定試験があるそうですね


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 057

ごきげんよう

今回はこの記事です。

「スマートフォンアプリ開発技術検定試験」の提供開始を決定|ビジネスジャーナル/Business Journal スマホ

http://biz-journal.jp/i/2014/05/post_4760_entry.html

正式名称は 「スマートフォンアプリ開発技術検定試験」 で通称「スマ検」というそうですね。
事前準備から企画・開発や事前検証まで幅広い設問で、法人・個人どちらも出来るようです。
特に法人の場合はその会社に合わせた設問のカスタマイズも出来るそう。

最近は各社それぞれがアプリ開発をしており、人気が出ているものもあります。
ちょっとしたアプリで大きな利益を得ていたりしますよね。
開発者を一気に募集したとしてもあんまり技術や経験が無いと
期間内にアプリが完成しないとなっては企業側としては問題です。

開発者の質を証明するためにこういった検定が存在したほうが良いですね。
技術者の質が保たれて今後も良いアプリが世に出てきて欲しいものです。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>