怪しいオンライン広告からユーザーを守る活動が始まったそうです


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
この記事の読了時間: 049

ごきげんよう

今回はこの記事です。

悪い広告の手口を世間に知らしめる団体、FacebookやGoogleら4社が設立 -INTERNET Watch

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20140512_647859.html

名のある4社が集まって始めたのはネット上の悪質な広告やその手口を公開していく活動。
最近、「あなたのコンピュータが危険です」とか「ウィルスに感染しています」みたいな煽り文句の広告がありました。
今回もそういったよくわからないけど怖く見える広告に対して「実は危ないんだよ」って知らせる良い奴。

広告をクリックした先でユーザーを困らせてお金を稼ぐのは良くないです。
今回このような活動が生まれ、ネット上でまともな広告が表示されるのなら良いとしましょう。
広告ってあまり好きじゃないけどね。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>