貴方は愛犬を見守る為に幾ら払えるか


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  8. 秋葉原のイオシスでAQUOS PAD SH-08Eを買ってみたら意外と使えたので残しておく
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 141

ごきげんよう

今回はこの記事です。

愛犬の健康と居場所を見守るウェアラブルデバイス「WhistleGPS」

http://www.gizmodo.jp/sp/2014/05/whistlegps.html

WhistleGPSは犬の健康をモニターするサービスとGPS機能を合体させたものです。
そもそも、Whistleという犬の健康をモニターするデバイスがあり、今回はそれにGPS機能が追加されたバージョンになります。
これで、可愛い愛犬の健康だけじゃなくて居場所も分かるよ!

犬の毎日の活動データをBluetoothとWi-Fiを介してスマートフォンに送信する形で管理できて、
GPSと近距離無線の「サブGHz帯」を使って愛犬の居場所を突き止めるらしい。
サブGHz帯というのは数十メートルくらいまでの近距離無線用周波数で日本では920MHzがそれ用に当てられています。
あれ、900MHzって確かソフトバンクが取ってたような。お隣同士か。

お値段129ドルとGPSサービス代に月5ドルらしい。
残念ながら出荷は2015年らしくまだまだ待たなければなりません。そもそも、日本なら周波数関連とか技適とかあるので来るか怪しいところですね。
腕に着けるウェアラブルデバイスは日本にも入ってきていたのでどうかな。

今すぐ欲しいという方にはドコモのペットフィットをお勧めしておきます。

ペットフィット

https://www.nttdocomo.co.jp/service/convenience/petfit/index.html

こちらも愛犬の健康モニターとGPS機能。迷子になったらお知らせメールもあります。
端末代と一年間の利用料合わせて26,000円ぐらい。
年額も7,500円とまぁまぁです。

愛犬の健康管理と「この犬探してます」状態を避ける為に検討してみるのもまた一考。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>