チューリングテストを合格したスパコンが次に目指すもの

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  7. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  8. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  9. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  10. 大阪新世界の寅勝で串かつ食べ放題をしてみた
この記事の読了時間: 17

ごきげんよう

今回はこの記事です。

史上初のチューリングテスト合格スパコンが登場、コンピュータの「知性」を認定

http://gigazine.net/news/20140609-eugene-pass-turing-test/

遂にこの日がやってきました。
イギリスの数学者アラン・チューリング博士が考案した「チューリングテスト」は、人工知能関連ではよく知られたテスト方法です。
コンピュータと人間が文字入力の回答を行い、質問者が相手をコンピュータか人間か明確にわからない場合に知性を持っている(人工知能として優れている)と判断するものです。

今回イギリスの「Turing Test 2014」において、ついにチューリングテストに合格するスパコンが現れたそうです。
その名も「Eugene(ユージーン)」
なんともかっこよさそうな。いや、気のせいか。

今回、質問者33%が人間なのかコンピュータなのか判断できないという結果となっています。
とはいえ、まだ1/3です。今後は更に精度アップしつつ
ゲームのキャラクターとしてもオンラインゲームとかSNSとかで使えるようになれば世界は人間だけのものではなくなってきますね。

今後が楽しみです。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>