STAND BY ME ドラえもんを観た


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. HDDレコーダー(DVR-1)のHDDを換装してみた時に揃えたもの
この記事の読了時間: 129

ごきげんよう

今回はSTAND BY ME ドラえもんを観てきました。

「ドラえもん」の初まり、しずかちゃんとの恋愛。
「のび太の結婚前夜」と「さようならドラえもん」、「帰ってきたドラえもん」
をベースにドラえもんと現在と未来ののび太の成長が描かれた作品

本作の初まりで、「ドラえもんがのび太を幸せにしたら未来に帰ることが出来る」として、
セワシくんがドラえもんにプログラムをセットした点は良いアクセントであり、
その後の展開へ意味を持たせる上で良かった。
雪山シーンでは未来の青年のび太との時間を超えた連携という点で、
「のび太かっこいい」と素直に思えた。とはいえ、変わりゆく未来の選択肢を更に変えたみたいな。
あとは上記プログラムによる「さようならと帰ってきた」の物語展開で終了。

大筋は一度は見たことがある内容だけど、新しい要素が加わったことにより、
「ドラえもんだけど新しい」っていう印象を受けた。
3DCGによってドラえもんの柔らかさやタケコプターによるのび太視点の映像の切り替わりは良かった。
これまでにない感じ。

映画が終わった後の来年春の映画予告を観た時、
なんとも言えない「落差」を感じてしまった。
本作が子供向けよりも大人向けに少し寄っているためだと思う。

夏なのでお子さんを連れて劇場に足を運ぶ人たちが多いと思うが、
キャッチコピー通り、子供経験者である大人のみなさんが観るべきだと思う。
因みに、のび太がジャイアンに立ち向かうシーンで子供が泣きだしてしまった。
あれは年齢低めには少々刺激的なシーンということだと思う。ご注意を。

この夏、見ておいても良い作品。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>