高級食材を強制的に作り出す生産者たち


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
この記事の読了時間: 142

ごきげんよう

世の中にはキャビアやトリュフなど色々と高級食材がある。
今や嗜好品の中でも世界中で飲まれているコーヒーにも高級食材はある。
それは「コピ・ルアク」と呼ばれ、インドネシアの幾つかの島で生産されるコーヒー豆である。

コピ・ルアクが高級食材である理由は、その特徴的な製造方法からきている。
栽培されているコーヒーの実を野生のジャコウネコという動物が食べ、消化されずにそのまま排泄された実を洗浄することで豆が作られる。
独特の風味があり、生産数が少ないため希少価値が高い。
確かに、ネコが食べる量も体から出てくる量も限られるため需要に対する供給量が少ない。

そんな中、ジャコウネコを檻に入れ、コーヒーの実を無理やり食べさせる事でコピ・アルクを人工的に生産している輩がいるそうだ。
これが、需要に対して供給量を増やす手段として取られている。
希少なので、生産者は大儲けウハウハである。

とはいえ、食べたくないのにジャコウネコに無理やりコーヒーの実を食べさせるのは可愛そうだ。

なんて、考えていたら高級食材であるフォアグラも似たようなものだ。
ガチョウの胃に餌を無理やり叩き込む事で馬鹿みたいに肝臓を大きくする。
肝臓が大きくなって食べごろになったら殺して食うのだ。

需要の増加に無理にでも対応して儲けようとする生産者たち。
需要がある限り今後もこういう事は起きるだろう。

映画「いのちの食べかた」を観てみると良い。
我々がしているのはこういう事だ。

それでは ごきげんよう

source:
究極の高級コーヒーが動物虐待の源に?

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2014/09/post-3399_1.php

http://www.hopeforanimals.org/animals/foiegras/

http://www.hopeforanimals.org/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>