ガラケータイプのスマートフォンを出すLG

rp_41Gd-shE8YL._SL160_.jpg

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 159

ごきげんよう

最近はiPhone6が発売してスマートフォン界隈も動きがありますが、
ここにきてLGが今や懐かしき折りたたみ式の
携帯電話を出してきました。
名は「Wine Smart」。ただし、中身はAndroid。

フィーチャーフォン(ガラケー)からスマートフォンへの過渡期にフィーチャーフォンタイプでAndroid搭載というのはいくつか出されましたが今は存在が消え失せてます。
需要がなかったということでしょうか。
スマートフォンはギリギリまでキャリアが移行を渋ったのに、世に出てしまえば広がりは早いものです。

スペックは1.2GHzクアッドコアプロセッサに1GB RAM。Android4.4でLTE対応に加えてスマートフォンらしくWi-FiやBluetooth4.0もあります。素敵仕様。
3.5インチの解像度480×320のディスプレイを持っていて、画面大型化が進むスマホ時代からは逆行しているような気がしてきます。

最近ではiPhoneもAndroid端末もみな一様に大型化を進めており、5インチサイズは基本になってきました。
とはいえ、大型化すると片手で操作しにくくなってきます。いちいち両手で操作するのも面倒な人も居るでしょう。
そんなユーザーを今回のフィーチャーフォンタイプのスマートフォンががっちり心を掴んできます。
懐かしき親指操作の復活です。

日本国内でもフィーチャーフォンは一定の需要があるので、フィーチャーフォンタイプだけどスマートフォンとしても使いたい欲張りな人にも合いそうです。
これは日本でも売れるかもしれない。例えば、らくらくスマートフォンの代わりに。

日本に来るとは限りませんが、通信方式や日本のキャリアと話がつけば発売されるかもしれません。
それまではフィーチャーフォンとタブレットの二台持ちをしときましょう。

それでは ごきげんよう

source:

http://www.lgwinesmart.co.kr/

http://www.lgwinesmart.co.kr/spec.html

LGがAndroid搭載ガラケー風スマホ「Wine Smart」を発表

http://www.gizmodo.jp/sp/2014/09/lgandroidwine_smart.html

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>