ドコモの子供向け腕時計ドコッチにみるウェアラブル端末


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  8. 秋葉原のイオシスでAQUOS PAD SH-08Eを買ってみたら意外と使えたので残しておく
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 153

ごきげんよう

ドコモがスマートフォン等の冬春モデルを発表しました。
大画面化したスマーフォンやタブレットは予想通りですが、その中に子供向けウェアラブル端末がありました。
その名を「ドコッチ 01」、どこっちここっちみたいな可愛い印象を与えます。
子供向け腕時計型ウェアラブル端末です。
子供に携帯電話は持たせたくないが、見守りケータイのような見守りはしたいという点と、アクティブな子どもたちの日常に耐えられるような見守りグッズの両方を叶えた製品です。ドコモも考えましたね。
一緒に「ドコッチサービス」とう見守り関連のサービスも行うということで、本筋の通信による収入よりもコンテンツやサービスを拡充して、収益を上げていく形が見えます。

因みに、ウェアラブル端末といえば、海外ではSamsungやLG、国内ですとSONYが腕時計型の端末を発表・発売しています。
そのどれもがスマートフォンと連携して新しいユーザー体験を提供するような形になっており、
単体で動かす事はあまり考えられていません。

それに対して今回のドコモのドコッチは単体で機能することにこそ価値があり、大人が思う便利さとは別の子供を持つ親にとっての便利さが見えます。
前述のSONYの場合、腕時計型のウェアラブル端末自体は以前から作っていますが日本では普及せずここまできました。
腕時計でなければグーグル・グラスもありますが、それだと扱いにくさがあります。

本当の意味でのウェアラブル端末はまだまだこれから出てくるのかもしれません。

それでは ごきげんよう

source:
報道発表資料 : 2014-2015冬春モデルの16機種を開発・発売 | お知らせ | NTTドコモ

https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2014/09/30_00.html

ドコモ、3G搭載の子供向け腕時計『ドコッチ』発表。GPSやBluetooth内蔵の「みまもり」ウェアラブル – Engadget Japanese

http://japanese.engadget.com/2014/09/29/3g-gps-bluetooth/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>