コーヒー豆に発酵させるという選択肢を あるスタートアップの挑戦


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 112

ごきげんよう

高価なコーヒー豆といえば、コピ・ルアク(シヴェットコーヒー/アラミド・コーヒー)があります。
これはジャコウネコが食べたコーヒーの果実の豆部分を使うのですが、最近ではフォアグラであるが如く無理やりジャコウネコにコーヒーの果実を食べさせ、作り出しているとのお話を聞いています。

そんな中、ジャコウネコ無しでコピ・ルアクのようなコーヒーの苦みと渋味が抑えた製造法を開発した。
それは、豆を発酵させるという新しい選択肢。

開発したのはAfineurという会社。まだまだ、始まったばかりのようですが年末までに発酵させた豆を販売させたいと話しているので今後徐々に広がりを見せるかもしれません。

これまでは、コーヒーといえば豆本来の質と焙煎の方法によって出来は左右されてきました。
今後は豆の発酵という新たな選択肢によって今までに無いコーヒー体験を得られるのかもしれません。

スタートアップなだけに今後が色々と心配ですが、
新しい可能性に期待したいと思います。

それでは ごきげんよう

source:

http://hello.afineur.com/

「コーヒーのフォアグラ」現象に「NO」:世界一高価なコーヒー豆を、発酵で再現

http://wired.jp/2014/10/07/civet-coffee-without-civets/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>