中国政府に巣食う働かない人たち


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  8. 秋葉原のイオシスでAQUOS PAD SH-08Eを買ってみたら意外と使えたので残しておく
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 12

ごきげんよう

これが、共産主義の賜物でしょうか。

中国政府はこれまで全く仕事をしない所謂「幽霊職員」に対して給与を支払っていたことが分かりました。
現在は給与支払いを止めた模様。対象はのべ16万人以上とのことで、財政にも優しい対応です。
今回、上海市とチベット自治区を除いたすべての地域で幽霊職員は確認されているようで
逆にこの2箇所が最後の良心が如く存在感を出しています。

政府機関の幹部が友人や家族を雇うという話は中国では良くあるそうで、コネ採用の危ないバージョンですね。

日本では「幽霊部員」というワードが特にクラブ活動やら部活に関連して学生の間では良く聞きますが、
「幽霊職員」や「幽霊社員」なんて言葉は聞かないかなと思います。
仕事が無い幽霊みたいな人(NEETとは違う)は居るかもしれませんが、そんな状態では会社が危ういと思います。

人材活用はどの国でも、しっかり考えるべき問題ですね。

それでは ごきげんよう

source:
CNN.co.jp : 中国政府、「幽霊職員」16万人を解雇

http://www.cnn.co.jp/world/35054832.html

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>