決済サービスとUber対抗サービスでLINEが目指すインフラ化

Pay

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  8. 秋葉原のイオシスでAQUOS PAD SH-08Eを買ってみたら意外と使えたので残しておく
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 138

ごきげんよう

メッセージアプリで有名なLINEは
年次イベント「LINE CONFERENECE TOKYO 2014」にて大きなネタを幾つも投下したようです。
LINE MUSICという何時か話題に上がって忘れ去られたサービスが遠くないタイミングで開始される模様。
定額サービスなのでどこまで楽曲を集められるか。他のサービスと同じようになるのか。
既に色々な音楽定額サービスがあるので差別化出来るか、その辺が気になる所です。

Pay

次に決済サービスを展開するようで「LINE Pay」という名前。今冬開始予定。
なんかApplePayとかぶりますが、どんな所で使えるようになるのか。
とりあえずは自前のサービスである「LINE TAXI」(タクシー配車サービス)と「LINE WOW」(飲食店の弁当デリバリーを注文/決済サービス)がなんとか紐付けている感じですね。

AppleのApplePayやおサイフケータイのiD、モバイルSuicaなど。
スマートフォンの決済は様々な選択肢を得られましたがどれが生き残るのか。

LINEはメッセージアプリによってコミュニケーションのインフラ化してきていますが、
決済サービスなど、現実世界への物理的なインフラ化が今後どう進むかが成功の鍵となりそうです。

それでは ごきげんよう

source:
LINE MUSICがいよいよ始動——SME、エイベックスをパートナーにサブスクリプション型で展開 – TechCrunch

http://jp.techcrunch.com/2014/10/09/jp20141009line-music/

LINEに決済機能「LINE Pay」今冬リリース、Uber対抗サービスも投入 – TechCrunch

http://jp.techcrunch.com/2014/10/09/line-pay/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>