ノア 約束の舟(Noah)を観た


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. 道の駅ましこで購入できるとろたまプリンを食べてみた
  4. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  5. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  6. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  7. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  8. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. LG Watch Urbaneを買ってみたので使用感や注意点をまとめておく
この記事の読了時間: 120

ごきげんよう

今回は「ノア 約束の舟」を観ました。
映画館の予告で何回も観てしまったのでこれは観ておこうと思いました。
宗教云々は置いといて、とにかく映画で観てみよう。

ある日、ノアは夢に導かれるまま祖父の居る山へ向かう。
神からのお告げを受け、祖父からもらったエデンの園にあった種を植え、箱舟を作る事を決意する。
激変する世界。カインが率いる兵たちとの争い。
洪水と新しい世界にノアが決断を下していく。

人間が自戒をもって自らが滅ぶ事をこの世にとって良しとするお話はいくつもありますが、これがもっとも古いものではないでしょうか。
罪を重ね、世界中に広がった人間たちに対して自戒するという行為。
忠実に神のお告げを遂行しようとするノア。洪水の前後で様々な選択は迫られます。
徐々に家族からも憎まれる様は、そこまでして遂行しなければならないものなのかと思えてくる。

ただ、導かれるままに舟を作って新世界へというお話には終わらない点がこの映画の良い所。
一人の人間に選択を委ね、苦悩する男を中心に世界の終わりと初まりの様が見られます。
そもそも神からのお告げとは真だったのか。何が正しかったのか。
ノアの息子たちはまた新しい世界を生きますが、この手を血で染めたハムはその感覚を得てしまったがために、
他の息子たちとは違う生き方になってしまうのでしょう。
ただただ、自戒を持って再び始まるというお話。

宗教関係なく、時間があれば観てみると良いかと。

それでは ごきげんよう

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>