卵子凍結への保険適用は晩婚化と高齢出産を誘発しないか


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 14

ごきげんよう

IT企業大手のAppleとFacebookが女性従業員向けに卵子凍結への保険適用を行うとのこと。

卵子凍結とは、卵子をあらかじめ採取して保存しておくことで、将来の出産の際に卵子を使用できるようにする技術。

実際にFacebookの場合は卵子凍結を含む妊娠医療に対して最大2万ドルがカバーされる。
ただし、卵子凍結を行うには初期費用で1万ドル。しかも成功率は30%台とお世辞にも良いとは言えない状態である。

女性が出産と仕事のタイミングを今まで以上にコントロール出来るようになるが。
その体は、結局は変わらないので過度な期待は出来ないだろう。
日本でも母体の健康を考慮して40歳までに凍結した卵子を使って治療を開始した方が良いとの話もある。

晩婚化と高齢出産による体への負担。
ズルズルと後ろに伸ばすことで、子どもたちが成人するまでのタイミングもズレていくだろう。
子育ては体力を使う。

これは、果たして良いニュースなのだろうか。

それでは ごきげんよう

source:
フェイスブックとアップル、卵子凍結に保険適用

http://www.cnn.co.jp/career/35055153.html

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>