スマートフォンだって高価なアクセサリーになる


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  9. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  10. WordPressの独自ドメイン移行時にやったことをまとめておく
この記事の読了時間: 150

ごきげんよう

iPhone6が発売され、GoogleからNexusシリーズが発表された今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

今やスマートフォンはハイスペックから新興国向けのロースペック端末まで様々な種類が市場に出回っています。

そんな中、スイス・ジュネーブにあるジュエリーブランドのサヴェッリはスマートフォンの限定コレクションを発売しました。
そのお値段。なんと1台25万ドル。日本円にして2680万円ほどです。
なんでこんなにお高いのか。

これら、限定コレクションはGoogleのAndroidを搭載した11モデル。サファイアやエメラルドなどの宝石やダチョウやヘビ、イグアナの皮で仕上げられています。
宝石を散りばめる事でお値段も上がっています。

前述のブランドのサヴェッリ氏によれば、これらスマートフォンに対して「競争の場は携帯電話業界ではなく、時計や貴金属の世界」だと話すように、身につけるアクセサリーの一つとして市場に訴求していくようです。

スマートフォンは一日に何度も取り出して触るので、そこにその人の個性を反映させることは効果的です。スマートフォンは今や貴金属と同様にアクセサリーとしての側面を持っています。

実際に、iPhoneはカバーや周りを彩るシールによって自分だけのiPhoneを作り上げることができます。
下記のsource2にあるようにiPhoneのケースだけでも個性を出す事が可能です。

今回のニュースのようにケースだけでなくスマートフォン本体が一つのアクセサリーとして捉えられ、人々の個性の一部となっていく。
更に進化を続けそうなスマートフォン界隈の今後に期待したいと思います。

それでは ごきげんよう

source:
1
電話というより貴金属、2700万円のスマホが登場

http://www.cnn.co.jp/business/35055388.html

2
宝くじが当たっても買えないものも!? 高価すぎるiPhoneケース大特集

http://ure.pia.co.jp/articles/-/17814

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>