イコライザー(The Equalizer)を観た


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  7. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  8. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 134

ごきげんよう

今回はデンゼル・ワシントン主演の「イコライザー」を観ました。

内容は、元CIAのマッコールは今はホームセンターで働く男。仲間の警備員試験をサポートしたりと普通の生活を送っていた。
本を読むために通うカフェで娼婦の少女テリーに出会う。彼女はロシアン・マフィアに酷い仕打ちを受けていた。マッコールはテリーを救うため、警察が関われない不正を始末する仕事を遂行していく。

「19秒で世の不正を完全抹消する」
予告編でもありますが、マッコールの目が敵とともに武器になりそうなものを的確に捉え、片付けていく様、かっこいい。
なんというか仕事人。己の信じる道のため、過ちを犯したっていい。不正を行う奴は全て片付けてやる。そんな勢いのあるマッコール。かっこいい坊主。
普段はホームセンターで仕事をしているのだが、仲間内からも書類上も前職が何だったのかはっきり判明していない謎の人。
娼婦の少女に関わる事から始まったロシアン・マフィアとの戦いは最後まで全て片付けるという仕事っぷり。
クライマックスの戦いは手法が素晴らしい。
やっぱりマッコール本人が既に歳なので激しいアクションは無理だなと感じる。それでも経験から導き出される手法が見もの。

PG-12なので、身近にある道具を武器に使ったり、殴り続けたりとそういう描写がいくつもあるので注意願いたい。
それを越えれば、かっこいい坊主が悪い奴らを片っ端から片付けるお姿が見られます。

これは、続編出来るなと思っていたら既にそんな話があるそうで。期待したい。

観てみると良いかと。おすすめです。

それでは ごきげんよう

source:
映画『イコライザー』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

http://www.equalizer.jp/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>