BIGLOBE LTE・3Gの月間通信容量が大幅拡大したのでちょっと書いておく


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 140

ごきげんよう

最近のMVNO各社の動きが面白いです。
10月になり、IIJmioやOCNも月間の通信量を引き上げました。
少し前まで月500MBだったのが1GB、2GBと最低の月間通信容量が引き上げられています。
普段使いしつつ外でテザリングしても耐えられる状態になりました。
大手3社もiPhoneの発売に合わせて月間8GBプランを出すなど影響を受けている状態です。

そんな中、ビッグローブさんが月間通信容量を拡大してきました。それぞれプランで2GB、5GB、8GB、10GBまで使えるように。
最低の月間通信容量はMVNO他社と変わりませんが上限が大手に近づいてきました。
むしろ越えてきている所もあるようですね。

10GBを4,000円前後で使えるというのはヘビーユーザーにとっても選択肢になるんじゃないでしょうか。
ちょっと欲しくなってきました。普段使いのスマートフォンに使っても良いかもしれません。
とはいえ、3日間の最大通信量は決まっていますし、制限された時の送受信最大200kbpsも決まっていますので
賢く使う事が大切ですね。

ぷららモバイルLTEの定額無制限プランが気になる所だけど、明らかにユーザーが集中することは目に見えているし、
ユーザーは増えてもハードウェア側が対策出来ないと速度は徐々に下がっていくばっかりだと思う。

MVNO各社は大手が出来ない事をやっていく。ユーザーは好きなものを選択して賢く節約する。

今後もこの業界は見て行きたいと思います。

それでは ごきげんよう

source:
「BIGLOBE LTE・3G」の月間通信容量を拡大月額900円で2GB、1,505円で5GBの高速通信が可能に | プレスルーム | ビッグローブ株式会社

http://www.biglobe.co.jp/pressroom/release/2014/10/141023-a

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>