文化の日なので沖縄県立博物館・美術館に行って来たらレキサスがAR導入してた

okinawa_museum_ansei_20141103

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. HDDレコーダー(DVR-1)のHDDを換装してみた時に揃えたもの
この記事の読了時間: 146

ごきげんよう

11/3は文化の日!
沖縄県立博物館・美術館が全館無料開放していたので行って来ました。
「国際博物館の日」の際は博物館常設展、美術館コレクション展を開放していた記憶があります。
お主太っ腹よのう。

okinawa_museum_ansei_20141103

企画展は「色彩と風のシンフォニー/内間安瑆の世界展」。版画を中心に油彩、版木を観てきました。
内間安瑆(うちまあんせい)さんはカリフォルニア生まれ沖縄移民の二世である。
今回、個人蔵とともに沖縄県立博物館・美術館収蔵のコレクションが揃ったことで今回の企画展が出来たのだなと実感する。
色々な所、上記のパンフレットでも見られる晩年の「Forest Byobu」がぐっとくるが、スペースシリーズの暗いけど何か惹きつけるものも良いなと感じる。油彩と版画、同じなのにそれぞれの物質的特徴が現れていて良い。
浮世絵にも通ずる多色の版画は見た目鮮やかで、ひとつの空間に展示された作品をぐるりと見回す事もなかなか良かった。

okinawa_museum_ansei_20141103_2

出口ではこんな表示が、実は企画展入り口付近にある巨大なポスターでAR体験が出来るそうです。
そして、安定のjunaio(ジュナイオ)登場。
実際にやってみた公式動画があるのでどうぞ。

なかなか刺激的な映像になってます。
夏の「呪い歯」に続き、レキサスさんの事をイベントで目にするようになりました。
今後も沖縄イベントでAR体験を提供していくのかなと考えると楽しみです。

それでは ごきげんよう

source:
新着情報|美術館|沖縄県立博物館・美術館

http://www.museums.pref.okinawa.jp/art/topics/detail.jsp?id=1256

世界的な木版画家、内間安瑆(あんせい)の日本初となる本格的な展覧会にてAR(拡張現実)技術を導入、作品をARでダイナミックに体感可能に at レキサス

http://www.lexues.co.jp/info/?p=1598

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>