指紋センサー搭載クレジットカードがMasterCardから 変化するセキュリティ


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. HDDレコーダー(DVR-1)のHDDを換装してみた時に揃えたもの
この記事の読了時間: 20

ごきげんよう

昨今のセキュリティ事情に合わせて指紋センサー搭載クレジットカードがMasterCardから出るそうです。

By: Håkan Dahlström

クレジットカードにはこれまでICチップが搭載され、静脈認証が出来るようになりましたよね。
あまり話題にならなかったような気がしますけど。
非接触型で「ピッ」としたら決済してくれる。電子マネーカードのような振る舞いをクレジットカードで出来たら楽ですよね。
けど、そんな事をしたらセキュリティはどうなんだろう。誰か知らない悪意のある人が「ピッ」ってするだけで決済出来てしまう怖さがあります。
今はPINコードやパスワード認証ですからね。本来の持ち主である必要はありません。
ApplePayもかざすタイプですがTouchIDが使用されるのでその辺りはセキュリティを考えていますね。

今回、指紋センサー搭載クレジットカードを出すのはMasterCardですが、その技術を支えているのはZwipe社という会社。
既にノルウェーでの試験運用を行い、2015年のリリースを行う予定。これがMasterCard向け。

因みに、このカードの使い方は買い物をする時にカードの持ち主が自分の親指を生体認証センサーに当てて決済します。事前に記録された指紋と照合して正しければ決済が完了。間違っていれば弾かれるというもの。

パスワードやPINコードから静脈、そして指紋認証へ。セキュリティは上がっていると見るべきでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
Zwipe and Mastercard combine to announce first contactless payment card with a fingerprint sensor – Pocket-lint

http://www.pocket-lint.com/news/131414-zwipe-and-mastercard-combine-to-announce-first-contactless-payment-card-with-a-fingerprint-sensor

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>