Gunosy Platformが目指すインフラ化 キュレーション対象の変化

By: Eivind Z. Molvær

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. HDDレコーダー(DVR-1)のHDDを換装してみた時に揃えたもの
この記事の読了時間: 25
By: Eivind Z. Molvær

ごきげんよう

グノシーもユーザー数が増えてきたので次の1手を出してきたようです。
「Gunosy Platform」という基盤(インフラ)になる気まんまんの名前です。
ニュースも買い物も予約も情報を得ることも全てこの中で完結させるというものですね。
12月以降にアプリ「グノシー」上で提供されるようです。

現在でもグノシーはニュース記事の合間にニュース記事と同じ形式で広告を入れ込んでいます。
そこから流入して購入・予約が累計100万件ほどで、かなりいい感じに使えているようです。
なので、今回さらにいろんなサービスにシームレスに繋がれて商品の購入やサービスの予約などが行えるようにすると。

もう、グノシーはニュースが入り口で、色々な情報とサービスを集約した場所に変わっていくという事だと思います。
ニュースキュレーションから情報キュレーション。
どんな情報かは知りませんけど。

今回、Gunosyは「Gunosy Platform」として複数の会社と提携してサービスを提供します。
この流れの背景には、Gunosyはあくまでも自社コンテンツを持たず、既存コンテンツの「見せ方」を変えてユーザーに提供している会社だということです。
海外でもニュースをまとめて動画として配信しているNewsyがあります。
そういう会社は他の会社からコンテンツを得ないといけないので、コンテンツ供給元と険悪ムードにはなれません。

今回のようにプラットフォーム化することでGunosyも提携会社も共にメリットを得られるようにすることで、
今後も仲良くしていきたいという思惑が見えます。

今後このプラットフォームがどうなるのか。
ユーザーは何を求めてグノシーに集まるのか。
気になる所です。

それでは ごきげんよう

source:
「グノシー」、予約や購買が可能なプラットフォームを提供へ – ケータイ Watch

http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20141111_675501.html

Newsy | Multisource Video News

http://www.newsy.com/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>