Amazonの商品をヤマト運輸の営業所で受け取れるようになってた

By: Antonio Tajuelo

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. HDDレコーダー(DVR-1)のHDDを換装してみた時に揃えたもの
この記事の読了時間: 21
By: Antonio Tajuelo

ごきげんよう

最近、Amazonの商品をローソンのLoppiで購入出来るというものがありましたが、また動きがありました。
今回はAmazonの商品をヤマト運輸の営業所で受け取れるというもの。

Amazonで商品注文時に受け取り場所でヤマト運輸の営業所を選択。
その営業所に商品が到着するとAmazonからユーザーにメールが届きます。
営業所に下記2つを持っていけば商品を受け取れます。

1.受け取りの営業時間が朝8時から夜9時まで
2.本人確認証とAmazonからのメール本文(商品の問い合わせ番号)が必要

今回のサービスはユーザーの利便性を向上させるものになっています。
営業所に商品を保管しておいて貰ってタイミングを見て受け取るとか。
時間指定で届くとはいえ待っているのが嫌だったり、家を出たタイミングで商品が来たりとユーザーが動きにくい部分もあったと思います。
このサービスならそれを解決できそうです。

Amazon側ではこのサービスを使えば「当日お急ぎ便」で即日の営業所受け取りが可能になり、「Amazonプライム」のメリットを強調出来るので新規ユーザーも取り込めます。

ヤマト運輸側は商品を営業所に置く時間が長くなるため保管場所の確保が必要ですが、配達の手間が無くなり配達をする人の負担も減ります。

今後も他通販サイトでもこの「宅急便受取場所選択サービス」を活用していくかはわかりませんが無駄な不在連絡票が減ることは確かなので広まってくれると使用するユーザーも企業側もメリットがあると思います。
今後に期待。

それでは ごきげんよう

source:
Amazon.co.jpがヤマト運輸の「宅急便受取場所選択サービス」を採用。

http://www.yamato-hd.co.jp/news/h26/h26_58_01news.html

Amazon.co.jp、商品の受取方法を新たに拡張
「店頭受取」における即日配送サービスを初めて提供開始

http://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20141113/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>