スマホ依存に終止符を 画面を切り替えたら即終了の育成ゲームが登場

By: Jody Roberts

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  9. 京都祇園にはちょっと変わったLAWSONがある ローソン 八坂神社前店
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
この記事の読了時間: 231
By: Jody Roberts

ごきげんよう

今や中高生はPCよりもスマートフォン(スマホ)を持っているという時代。「PCって何ですか」という状態らしいです。
また、最近良く聞く子どもたちの間でのスマホ依存。メッセージアプリ(例えばLINE)でやりとりしているといつの間にか夜中になっていて区切りがつけられないという状態のようです。
地域によっては夜9時に一斉に止めるといったルールで対処している状態。
とはいえ、勉強をしていながらもスマートフォンでLINEやTwitterをやってしまっているかもしれません。
一定時間毎に確認しないといけないゲームもあり、何度もスマホで状態を確認してしまう。そんな状態。

スマートフォンのメッセージアプリやゲームによってユーザーが自らを端末に縛り付けているようなこの状況。スマホ依存を如何に解決するか。

そんな中、「Forest」と呼ばれるスマートフォンアプリが登場しました。
これは種からスタートして木にする育成ゲームで、画面をそのままにしておくことで30分で木に成長します。
ただし、成長途中で画面を切り替えると木は枯れてしまいます。アプリを起動したら別の操作をしないというのがこのアプリの目的。

30分間集中して仕事や勉強をする。そんなとき、このアプリを起動しっぱなしにして置くことで30分後に成長した木が見られます。
とはいえ、30分の中でどうしても使いたいアプリもあるでしょう。そんなときはホワイトリストにアプリを設定することで対応可能です。
ここでゲームアプリなんかを登録したら元も子もないんですが、それはもう各自に委ねられるというものです。
依存症は誰かの助けだけではなんともなりません。自分の意思も重要です。
素敵なスマホライフを。

それでは ごきげんよう

source:
iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 Forest: スマホ中毒の解決法

https://itunes.apple.com/jp/app/forest-sumaho-zhong-duno-jie/id866450515?mt=8

Forest: Stay focused – Google Play の Android アプリ

https://play.google.com/store/apps/details?id=cc.forestapp

【やじうまWatch】スマホ依存とこれでオサラバ! 画面を切り替えると枯れてしまう育成ゲーム -INTERNET Watch

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20141119_676664.html

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>