ロシア政府にはGitHub全体をブロックしてでも見せたくないものがあるらしい


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  7. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  8. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  9. 大阪新世界の寅勝で串かつ食べ放題をしてみた
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 149
By: othree

ごきげんよう

ロシアに居る開発者たちは困り果てているだろう。なぜなら、ロシア政府がGitHubへのアクセスをブロックしているからだ。
ブロックの理由はこのGitHubの中に「自殺方法を詳細に記載したファイル」が見つかったから。

政府の指示によってロシアのISP(インターネットサービスプロバイダ)は該当のページをブロックしようとしたが、HTTPSだったので、結果GitHub全体がブロックされアクセス不可になった。
過去にもYouTubeで自殺に関係する動画があったため同じ事が起きている。

1つのファイルがきっかけでアクセス出来ないなんて、ロシアの開発者にとっては困る内容だ。
海外経由でGitHubに入らないといけない。

該当ファイルが消えたら再度アクセス可能になるのか。その辺は謎のまま。
そもそもこのファイルをアップした人がロシア内部からアクセスしていたら、この件でアクセスしにくくなってしまっているはずだ。

見るからに長引きそうな予感。
開発者の方々は現在代替案を探しているでしょう。仕事に支障が出ていないと良いのですが。

それでは ごきげんよう

【追記】2014/12/10

GitHubがブロック解除のため、ロシア政府からの通知に従って該当ファイルをアクセス不可にした模様。

source:
自殺に関するページを禁ずるためロシア政府がGitHub全体をブロック – TechCrunch

http://jp.techcrunch.com/2014/12/04/20141203github-russia/

GitHub Blocks ‘Suicide Manuals’ To Get Unblocked In Russia

http://readwrite.com/2014/12/06/github-blocks-suicide-instructions-russia

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>