スマートフォンとMVNO VAIOと日本通信が始める新たなカタチ

By: Alosh Bennett

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
この記事の読了時間: 215
By: Alosh Bennett

ごきげんよう

ノートPC関連で良く知られるVAIOとMVNOで知られる日本通信が組んでVAIOブランドスマートフォンを出すというお話が出ています。

PC事業としてSONYから切り離されたVAIOですが、これまでSONYにはXperiaブランドがスマートフォンブランドとして居たため、VAIOブランドの他分野への横展開が出来ていませんでした。
VAIOブランドが今まではPC事業だったのがこれからは様々な事業ブランドとして広がっていく可能性を持っています。

今回、スマートフォン事業に入るVAIO。日本通信というMVNOと組むというのがこれまでと違う新しいカタチに見えます。

通常は大手のキャリア。いわばMNOと呼ばれる自社回線をもつ企業とともにスマートフォンと電話・通信回線をセットで販売します。大手というとdocomoやau、SoftBankなどですね。
iPhone、Galaxy、Xperia、Aquosなど、色々なブランドのスマートフォンが家電量販店や各キャリアショップで販売していますが、基本的には電話・通信回線とセットで上記の会社と契約が基本です。

最近は家電量販店などでもスマートフォンとMVNOの回線をセットで販売するところもありますが、あくまでSIMフリー端末をどこからか調達してきています。
または、自社でスマートフォンを開発してセット販売するカタチです。

対して、今回のVAIOと日本通信。最初からスマートフォンで使う回線が日本通信と決まっています。
VAIOからしてみれば、スマートフォンを作ったとしてもMNOと組んですぐさま置いてもらえるという状態では無いでしょうし、スマートフォン単体をVAIOブランドで出してもそんなに市場にインパクトを与えられない。
そこで考えたのが最初から名の通ったMVNOと組んで市場に投入する。そのための協業です。

さて、これまで日本通信もWi-Fiルーターではプレスリリース含め一部で話題になりましたがスマートフォン関連では大きな話はありませんでした。
今回の協業で「b-mobile SIM 高速定額」も有効に活用されていくのでしょうか。

今後の動きが気になる所です。

それでは ごきげんよう

source:
VAIO

http://www.vaio.com/

http://www.vaio.com/news/pdfdata/pr05.pdf

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>