中国では二度とGmailが使えなくなるのか サードパーティ経由(POPやSMAP、IMAP)からのアクセスも不可に

By: mjtmail (tiggy)

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 142
By: mjtmail (tiggy)

ごきげんよう

中国がまたGoogleサービスの通信遮断を行ってきました。
既に2014年6月からGoogleサービスがブロックされており、直接のアクセスが出来ない状態です。
それでもGmailを他のサードパーティ(Microsoft Outlookなど)のPOPやSMAP、IMAPが使えるサービスからアクセス出来ていました。
しかし、今回、それらサービスに使われているサーバもGreat Firewallによって遮断された模様です。
因みにSMAPは「Simple Mail Access Protocol」です。某アイドルグループとは関係ありません。

Gmail含め中国国内でGoogleサービスを使うには今やVPNサービスによる接続しか残されていない状態です。
Googleからも12月下旬からトラフィックが急落しており、明らかな遮断が行われている。

LINEも中国からの使用が不可能になっており、LINEでやりとりしている友達とも連絡が取り合えない状態です。
通信を遮断することで言論統制する事は短期で効果を発揮しやすいという点で良いかと思いますが、結果として外界との情報を遮断しているだけで問題は何も解決しない。ただ隠すという行為です。

内側からこの高く高く建設された目に見えない巨大な壁をぶち壊す人たちが出てくるでしょうか。
香港でのデモを見ていると何かが起きる事を中国政府側が恐れている気がします。

それでは ごきげんよう

source:
Gmail Now Even More Inaccessible In China | TechCrunch

http://techcrunch.com/2014/12/29/gmail-china-blocked/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>