社内情報の詰まったPDFファイル それ遠隔ロック出来ますよ

By: David Goehring

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 151
By: David Goehring

ごきげんよう

最近はBYODと呼ばれる個人所有の端末を使った業務も出てきています。
しかし、個人所有の端末を使えるからこそ顧客情報流出事件も起きており各企業は情報漏えいをいかにして防ぐかを考えているかと思います。

そんな中、セキュリティソフトを作っているサイファー・テックから、社内情報が記載された文書(PDF)の利用者閲覧を遠隔制御できるクラウド型文書漏えい防止サービス「CypherGuard Leash(サイファーガード リーシュ)」というものを開始しています。

既に機能として「文書データの暗号化」、「ネットワーク認証による利用者確認」や「複製を防止する画面キャプチャ防止」など基本的な所はあります。
今回はこれに加えて、特定文書を閲覧可能にした利用者に対して、遠隔制御で後から閲覧不可に変更する事が可能です。
まるで、社内文書の遠隔ロックです。

このサービスで使うサーバはクラウドで提供されるため、閲覧許可があればPCにクライアントアプリケーションをインストールするだけで、何時でも何処でも利用可能という手軽さです。

現在は対応OSがWindowsだけのようです。
最近話に挙がるMacやLinux。また、モバイル端末に対象を広げる事で更に実用的になっていくと思います。

複数企業参加の大規模プロジェクトなどでは、配布した資料の流出リスクがあり、発表前にリークされるなんて事もあり得ます。

プロジェクト関係者は流出させないだろうという安易な考えではなく、「情報が外に出るかもしれない」という危機意識を持って、今一度セキュリティ面を考えてみる事も良いのではないでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
サイファー・テック、遠隔制御で社内文書の流出を防ぐクラウド型文書漏えい防止サービスを提供開始

https://cyphertec.co.jp/press/20150106.html

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>