ソフトバンクモバイルを含む子会社4社が合併へ 名を残すウィルコム沖縄

By: MIKI Yoshihito

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 23
By: MIKI Yoshihito
By: MIKI Yoshihito

ごきげんよう

沖縄には移動通信サービスブランドとしてソフトバンクとY!mobileの2つがあります。
複数のブランドが並ぶ家電量販店だと隣同士。とはいえ、ブランドの後ろに居る会社は違います。
沖縄のソフトバンクはソフトバンクモバイル。ワイモバイルはウィルコム沖縄。

そんな中、ソフトバンクがソフトバンクモバイルを含む子会社4社の合併を発表しました。
対象はソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクBB株式会社、ソフトバンクテレコム株式会社、ワイモバイル株式会社。
ソフトバンクモバイルを存続会社とする吸収合併方式となり、他会社は解散になります。
昨年2014年にイー・アクセスはワイモバイルという名を手にいれましたが、1年も経たずに消えてしまいました。

経営資源集中という名の、大きな動きですね。ソフトバンク界隈は大丈夫かのかこれまで無駄が多かっただけなのか。
こうなるとワイモバイルの子会社であるウィルコム沖縄はまた親会社が変わるということでしょうか。
1/24時点でウィルコム沖縄から本件に関するプレスリリースは出ていないので直接は関係無いということでしょう。

今後端末や新サービスを発表する際のプレスリリースには「ソフトバンクモバイル株式会社と株式会社ウィルコム沖縄」という並びになるんでしょうか。
前回の「ワイモバイル株式会社および株式会社ウィルコム沖縄」という並びから早くも変わるのはなかなか受け入れがたいものです。

通信サービスを提供している企業はいくつかありますが、グループの中で地域会社として事業展開しているのは、
このウィルコム沖縄とauブランドの沖縄セルラー電話(通称:au沖縄)ぐらいですね。
親会社やその名前がコロコロ変わるのは大変だと思いますが引き続き沖縄の通信サービスを支えて欲しいですね。

それでは ごきげんよう

source:
合併に関するお知らせ | ソフトバンクモバイル株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンク

http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2015/20150123_01/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>