LINEの動画視聴×スタンプ配信「LINE マストビュースタンプ」は新たな広告となり得るか

By: Álvaro Ibáñez

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  5. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  6. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  10. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
この記事の読了時間: 215
By: Álvaro Ibáñez

ごきげんよう

皆さんLINEでスタンプを使っているでしょうか。というか、そもそもLINEしているでしょうか。
私は「一度スタンプを投稿してからメッセージを送る」という手法をたまに使います。
あれです。「どうしてるかなぁ」感をスタンプで表現するんです。
壁からこっそり見ているスタンプとか好きです。

話が逸れました。
LINEが企業向けに動画視聴と連動してスタンプを配信する「LINE マストビュースタンプ」の提供を開始したようです。
第一弾としてメルセデス・ベンツ日本が提供する動画とスタンプの配信がされています。「DRIVE SAFELY」という車運転に関するスタンプです。
動画視聴が終わるとスタンプダウンロード画面に遷移して、そこからスタンプがダウンロード出来ます。

実際にやってみましたが、これはなかなか広告の効果がありそうだなと思いました。
これまで、企業としてはLINEの企業向け公式アカウントやそこで配信されるスタンプを使って「自社を知ってもらおう、製品を買ってもらおう」という流れだったかと思います。
商品にシリアルナンバーを付けて、入力するとスタンプが貰えるというキャンペーンもありました。

今回はそこから一歩進んだ気がします。
企業はLINEの中で動画による広告配信が出来て、ユーザーはスタンプが貰える。
配信する動画も、ユーザーが日頃買うものが対象になっていれば「これ買ってみようかな」なんて考えてしまうかもしれません。
企業にとっては宣伝効果高そうです。とはいえ、動画配信にかかる広告費も高そうです。スタンプ作成もありますからね。

公式アカウントだけでなく広告の動画配信も企業に提供しようとするLINE。
ユーザーがかなり増えたので、これからもLINEはこの市場をうまく活用していくでしょう。

それでは ごきげんよう

source:
動画をみるだけでスタンプゲット!LINEでもらえる無料スタンプの獲得方法が増えました : LINE公式ブログ

http://official-blog.line.me/ja/archives/21491544.html

LINE、動画視聴後にスタンプを配信する広告メニュー「LINE マストビュースタンプ」 – CNET Japan

http://japan.cnet.com/marketers/news/35059563/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>