NTTドコモがクラウド導入支援を始める ドコモ・クラウドパッケージ

By: OiMax

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  9. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 24

ごきげんよう

最近は自社でサーバを持たずにパブリッククラウドを使う企業も徐々に増えているのではないでしょうか。
自社サーバの場合、サーバが停止(落ちた)した際にすぐ復旧出来るよう監視体制が必要になります。
それを外注するとなると新たな運用費用がかかったりセキュリティ面で気になる点も出てきます。

By: OiMax
By: OiMax

そんな中、NTTドコモがAmazon Web Services(AWS)などのパブリッククラウドの導入支援を行う「ドコモ・クラウドパッケージ」の提供を開始しています。
NTTドコモがこれまで培ってきたセキュリティ関連のノウハウを提供しつつ、短期でクラウド導入を行えるというもの。

NTTドコモとパブリッククラウドと言えばしゃべってコンシェルがAWS上で動いています。
CMなどでしゃべってコンシェル関連が放送される少し前にリソースを確保しておいて、少し経ったらリソースを開放する。
クラウドの場合は既存のサーバと違って、突然のアクセス集中に対して対策出来るというのが大きいかと思います。

まさか、NTTドコモがクラウド導入支援も行ってくるとは考えていませんでした。
通信事業以外のコンテンツ事業やその他の事業も強化していこうという現れでしょう。
社内で培われた技術をそのままにしておくのも勿体無いのでサービス化してみました的な。

サービス開始当初の対象が「AWS」というのは今まで扱ってきたクラウド環境がAWSだったから。
今後はどの段階で他のクラウド環境が追加されていくのか。
その辺り気になる点ですね。

それでは ごきげんよう

source:
報道発表資料 : 企業のクラウド導入を支援する「ドコモ・クラウドパッケージ」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ

https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/02/18_00.html

ニュース – [CD 2014]クラウド利用する「しゃべってコンシェル」、ドコモの栄藤執行役員が構築背景を解説:ITpro

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140308/542122/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>