LDR Pocketでドワンゴが目指す国産スタンドアローンRSSリーダー

By: Robert Scoble

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 栃木県益子町にある大川戸ドライブインで流しそうめんを楽しんでみた
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 439

ごきげんよう

皆さんはニュースを見るときは何を使っているでしょうか。
グノシー、スマートニュース、マイタイムラインなど色々ありますね。

しかし、誰かにニュースを選んで配信してもらうことに飽きてきた人たちも中には居るんじゃないでしょうか。
特にパーソナライズの面でまだまだニュースアプリには課題が残っています。

自分で読むニュースは自分で決めたい。そんな人にはRSSフィードを読むという選択肢があります。
しかし、現在国産で有名なスマートフォン用RSSリーダーが存在しないのが現状です。
Feedlyのような海外勢が市場でシェアを取り合っている状態です。
RSSリーダーはGoogle Readerの終了とともに終わりに向かうと見られましたが、今の所その気配は見えません。

By: Robert Scoble

そんな中、「Live Dwango Reader」を提供しているドワンゴがスマートフォン用のRSSフィードリーダーサービス「LDR Pocket」を公開しました。
既存サービスである「Live Dwango Reader」とは違い、ユーザー登録やログインは不要で、はじめからすべての機能を利用可能です。
これまでも「Live Dwango Reader」と連携するスマートフォン向けサードパーティアプリは存在しましたが、まさか公式が単体で動作するサービスを出してくるとは想像していませんでした。

通常のRSSリーダーと異なる点として、はじめから「エンタメ」「動画」「まとめ」「コラム」「社会」「IT」の6カテゴリのニュースが登録されており、すぐにニュースを読む事が出来ます。
また、RSSリーダーとしてRSSフィードを分類するカテゴリの作成が可能になっており、大量のニュースサイト等を登録・分類することが出来上ます。
また、サイト運営者やブログ開設者向けにこのLDR PocketへのRSSフィード登録を簡単に行える「購読ボタン」を提供しています。

注意点として、このサービスは端末の保存領域を利用しているため、機種変更などを行うとデータが初期化されます。
機種変更しても同じデータを使いたいなら「Live Dwango Reader」になります。

さて、このサービスが何を目指しているのか私なりに考えてみました。
大きく分けて3点です。

1点目はグノシーやスマートニュース、マイタイムラインなどの既存のニュースまとめアプリから離れた人たちへの新たな選択肢としてRSSリーダーを認知させる事です。
そして、最終的に「Live Dwango Reader」を含むドワンゴのサービスにユーザーを誘導する役割を担っていると考えられます。
実際にこのサービスは端末内にデータを保持するだけで気軽に扱えるので、RSSリーダーがわかってきたら「Live Dwango Reader」のようなマルチデバイスで扱えるサービスに移行させることが出来ます。

2点目は既存のFeedlyなどのフィードリーダーサービスへの対抗です。
その理由として、LDR PocketへのRSSフィード登録を簡単に行える「購読ボタン」を提供している点です。
訪問したサイト内にRSSやFeedlyのマークがあればクリックして登録したくなると思います。
多くのサイトは基本的なRSSリーダーに登録できるRSSフィードを公開していますが、当ブログのように直接Feedlyに登録出来るボタンを公開しているサイトもあります。
ボタン1つで登録できる手軽さでシェア拡大を狙うという事だと思います。

3点目はRSSフィードを提供しているサイト運営者やブログ開設者と良好な関係を築くという事です。
既存ニュースまとめアプリではニュース提供元の記事がすっきり整形され配信されているので元々あった広告(サイト内やRSSフィード上のもの)が除去されています。これが問題になり、提供元との連携を強めていったという過去があります。
公式のサービス説明ページには下記の記載があります。

「LDR Pocket」は、ブログやWebサイトから配信されるRSS内の情報をそのまま表示し、メディア様に貢献できるツールを目指して参ります。

つまりは、RSSリーダーとして基本的な事を守りますという事です。
「メディアの明日」で司会者とバトルしたグノシーのあの人とは同じにならないという事です。

昔からあるRSSフィードを使って、ニュースまとめアプリのブーム(存在しているのかわかりませんが)が終わった後も人々が必要な情報を取得出来るようにしていればユーザーも増えていくと思われます。
日本のサービスとして頑張っていただきたいなと思います。

それでは ごきげんよう

source:
LDR Pocket

http://pocket.livedwango.com/

「LDR Pocket」とはなんですか?-FAQ|Live Dwango Reader / LDR Pocket ヘルプ

http://blog.livedoor.jp/staff_reader-help/archives/43311868.html

Live Dwango Reader

http://reader.livedoor.com/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>