ヨドバシのマルチメディアAkibaにモバイル関連サービスカウンターが開設

mobile_network_1429434064

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  4. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  5. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  6. Evernoteで家計簿を作って支出を確認できるようにしてみた
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  9. 使い続けてもうすぐ3年のGALAXY Note IIに対して思ったこと
  10. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
この記事の読了時間: 212

ごきげんよう

格安SIMや格安スマホが話に上がり、SIMロック解除の義務化も始まります。
ドコモ系MVNOでは様々な通信サービスが展開されていますし、KDDI(au)系MVNOも個人向けのスマホや他モジュールに搭載して販売されています。

しかし、これらMVNOを含むモバイル関連のサービスは実際の店舗が無いことが多くその場で契約というのは難しいです。
MVNOの企業でも実店舗でサービスを展開するところが増えていますが「徐々に増えている」という状態です。

geralt / Pixabay

そんな中、ヨドバシカメラでは5月中旬(予定)にマルチメディアAkibaへモバイル関連のサービスカウンターを開設すると発表しました。
これはSIMロック解除の義務化に加えて、SIMフリー端末やSIMカードの需要が高まっているため。
開設したサービスカウンターでは下記キャリアの契約が可能で、即日の開通業務やアフターサービスが出来るとのこと。
その他、端末修理やアカウント取得、アプリの提案などサービス充実をしていくとのこと。

【取り扱い予定通信業者】
ワイヤレスゲート/freetel/ワイモバイル/ニフティ/UQモバイル/OCN/U-NEXT/BIGLOBE

これを見ると、既に自社ブランドとしてBIC SIM(ビックシム)カウンターを展開しているビックカメラは先行しているなと感じます。
楽天モバイルも楽天カフェに「楽天モバイル カウンター」を設置していますし、トーンモバイルもCCCグループが有する「TSUTAYA」での実店舗展開を進めるでしょう。

MVNO界隈も一般ユーザーへ向けて次のステージに移行しているのかもしれません。

今回の複数企業の通信サービスを一つのカウンターで対応するというのはサービスの競争がさらに激化しないか心配です。
ドコモ系MVNOでは最終的に定額のLTE使い放題プランまで出てきました。
4月の高速データ通信容量の増加も連鎖するように多くの企業が容量増加を決めています。

競争そのものは良いのですが、最近は激化していて疲弊していないか心配です。
平等という名の競争。

それでは ごきげんよう

source:
モバイル関連のサービスカウンターを開設

http://www.yodobashi.com/ec/support/news/1504140911/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>