那覇のシングルマザー用シェアハウスは女性の自立を進められるか

woman_1429425916

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. イモトのWi-Fiとイモトのケータイ イモトさん大人気ですね
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  7. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  8. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  9. セブン&アイ限定の三ツ矢100%ホワイトグレープを飲んでみた
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 151

ごきげんよう

シングルマザーってちょっと前は巷で話題のキーワードでしたね。
一人で子供を育てる形になるので経済的、身体的な負担が大きいです。

稼ぐために夜のお仕事をしてしまう場合もあり、貧困の面を持っています。

Unsplash / Pixabay

そんな中、沖縄県の那覇市でシングルマザー(ひとり親の女性)専用シェアハウスが始まりました。
始めたのは沖縄で中古物件やリフォームを扱っている日建開発。事業として今後も行っていくようです。

シェアハウスは「キッチン・トイレなどの共用部分清掃」、「夕食調理」や「キッズシッター/ベビーシッター派遣」のサービスが付いているシェアハウスになります。
子育てと自立への支援を同時進行で行い、仕事が選べなかったり勉強ができない状態を改善する試み。
家具家電付きでまずは「Grow城岳(ぐろう じょうがく)」とう名で5世帯からシェアが始まるようです。

国内、特に都市部では既にシングルマザー向けシェアハウスがありますし、沖縄でもこちらとは別にシングルマザー専用シェアハウスを創ろうとしている方々も居るようです。

沖縄県は離婚率や失業率が高めなのでどうしてもシングルマザーが出てきてしまうのかもしれません。
彼女たちが自立できず貧困から抜け出せない状態にならないよう、このようなサービスが今後増えていけば良いなと感じます。

しかし、そもそもとして小さい子供を残して離婚をする場合と「一人で育てる」と決心して産んで育てる場合があり、どっちも男は不在です。
男性の責任はいかほどに。
安定した職が増えればこのようなことも減るのかなとも単純ながら思ってしまいます。
これが時代であり、その地域の問題なのでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
那覇に女性の自立と子育てを支援するシェアハウス誕生 – 那覇経済新聞

http://naha.keizai.biz/headline/1619/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>