Raspberry PiでLTE通信をしよう「LTEPi」が登場

By: Matt Wareham

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
この記事の読了時間: 28

ごきげんよう

Raspberry Piってありますよね。小型の教育用コンピュータです。
小型で安いのでいろいろな人たちが活用法を考えて実行しています。

モデルによって有線LANポートがありますが、無線でネットが使えません。
あくまでその場に置いて実行するというものだからかなと思います。

By: Matt Wareham

そんな中、「Robotma.com(ろぼとまどっとこむ)」とうロボットとミニ四駆専門店が「Raspberry Pi」で使えるLTE通信モジュールを搭載した拡張ボード「LTEPi」を公開・受注を開始したようです。

Raspberry Pi B+やRaspberry Pi 2 Model Bの拡張コネクタに取付けて使用することが可能で、これで無線のネットが使えます。
LTE回線はKDDIのものを使っているようで、開発はPythonで行えます。
ロボットやM2M(Machine to Machine)を用いた機器の製作に使えます。

この製品を見て、ちょっと使い方を考えてみました。
LTE通信なので電力さえあればネットの対応エリア内で色々できます。

1. ドローンに搭載して位置情報などを通信して管理できる
2. タブレットを作って通信はこのLTE通信で行う
3. 探査ロボットとして何処かに投入。カメラと組み合わせれば映像の確認が可能。
4. ラジコンカーに搭載して自動運転をさせてみるとか。LTE通信はマップに対する大雑把な位置の確認。

などいろいろ使えそうです。
皆さんも面白い使い道を思いつくんじゃないでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
モバイルM2M普及の起爆剤!Raspberry Piで高速モバイルデータ通信が可能に- LTE搭載拡張ボード「LTEPi」の受注受付を4月16日に開始 -|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

http://www.atpress.ne.jp/view/60220

ロボット と ミニ四駆 の 専門ショップ – Robotma.com(ろぼとまどっとこむ) –

http://www.robotma.com/

LTEPi製品ページ

http://www.robotma.com/ltepi/

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>