訪日外国人向けデータ通信SIMが気が付いたら空の上でも買えるようになってた

By: Karl Baron

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  8. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. イオンスクエアメンバーIDがロックしたのでカスタマーサービスに電話して対処してみた
この記事の読了時間: 155

ごきげんよう

最近は国内のMVNO界隈が活性化しているだけでなく、訪日外国人向けの通信サービスも広がりを見せています。
日本通信やNTTコミュニケーションズは代理店、空港の自動販売機を使ってSIMカードを販売しています。

しかし、まだまだ購入出来るところは少なく日本に入国してからだと、何かとわからない事も多いかもしれません。

By: Karl Baron
By: Karl Baron

そんな中、日本で使用できるプリペイドSIMカードを販売する「ようこそSIM」がトランスアジア航空の台湾発日本着便の全便機内で日本国内で使用できるプリペイドSIMカード「7天上網SIM歡迎卡」の提供を開始しています。
サービスは使用開始から7日間使用でき、最大通信速度は下りが150Mbps、上りが50Mbpsのドコモサービスエリアで利用できます。

今回の提供は台湾からの訪日観光客が増加していることが背景にあり、利便性向上を狙っています。

実際に沖縄の那覇新都心付近ではアジア系観光客が多く、需要がありそうだなと感じています。
2020年の東京五輪に向けてWi-Fi環境の整備も進んでいるようですし、通信環境が整っていけばさらに観光客が日本に来やすくなるんじゃないでしょうか。

ちなみに、この「ようこそSIM」はタイのバンコクに本社があるようですが日本人が代表をしています。
ここに「ビジネスチャンスあり」として会社を作ったのかもしれません。

今後の展開に期待。

それでは ごきげんよう

source:
ようこそSIM、トランスアジア航空と訪日外国人向けに、プリペイドSIMの機内販売を開始~日本着の国際線全便にて、5月1日より~ | Yokoso SIM (TW) Co., Ltd | プレスリリース配信代行サービス『ドリームニュース』

「ようこそ SIM」訪日旅行客向けプリペイド・データ SIM カードを アジア全域で販売開始 | プレスリリースを月額3000円で配信し放題|リリースプレス

Yokoso Japan SIM

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>