「d」化するドコモサービス iは静かに消えていくのか

By: OiMax

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. チェリオのエナジードリンク ライフガードエックスを飲んでみた
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  10. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
この記事の読了時間: 141

ごきげんよう

ドコモのサービスって昔からあるものはiが付いていますよね。
iモードとかiコンシェルとか。

最近はdマーケットをはじめとしたdなんとかというサービスが大量にあります。
iとd。名称でどっちつかずのドコモです。

By: OiMax
By: OiMax

そんな中、NTTドコモは、「+d」として各種サービスブランドの統一とパートナーシップの拡大を進めていくと発表しており、それに伴いサービスの名称を下記のように一部変更しています。

・ポイントプログラム  ドコモポイント -> dポイント
・会員プログラム    ドコモプレミアクラブ -> dポイントクラブ
・クレジットサービス  DCMX -> dカード
・お客さまID      docomo ID -> dアカウント

これで本格的にiからdに移行していくのかなと思えています。

iといえば皆さんご存知AppleのiPhone、iPad、iMacなど。
ドコモのサービスであるiモードやiコンシェル、iチャネルは同じiを頭文字にした名前になるのである意味競合している状態になっており、なかなか面倒な状態です。

今回、ドコモがサービス名称を「d」に統一を進める事で今後iが付いたサービスは名称変更もしくは別サービス化、サービス終了へと向かっていくでしょう。

それにしても「d+一般名称」ってだけにするとどこの会社のサービスなのかぱっと見わからなくなりそうで怖いです。
ドコモ社内では「プロジェクトd」みたいな名前で全てのサービスの「d」化を進めているんじゃないかと想像しています。

それでは ごきげんよう

source:
報道発表資料 : ポイントや会員プログラムなどの名称を統一 | お知らせ | NTTドコモ

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>