Evernoteの有料プランが変わっていたのでプランに合った使い方を考えてみた

By: Johan Larsson

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  3. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  4. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  7. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  10. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
この記事の読了時間: 410

ごきげんよう

皆さんはEvernoteを使っているでしょうか。
日々のメモから画像、音声など色々保存できますよね。
私も簡単なチェックリストから作ってみたい料理のレシピや勉強会のログを残しています。

人によってはライフログとして全てをこのEvernoteに保存しているので、アップロード容量がいくらあっても足りない状態かも知れません。

By: Johan Larsson

そんな中、Evernoteが新しい有料プランの提供を開始しました。
これで現在提供されているプランはEvernote ベーシック/Evernote プラス/Evernote プレミアムの3つになります。
そこで今回は、3プランの特徴とそのプランに合った使い方を考えてみました。

1. Evernote ベーシック(無料)

もっとも基本的なプランで月間アップロード容量は月60MBまで。

ノートの作成(文章入力)に加えてWebページの保存やマルチデバイスの同期が可能。
他のプラン同様に画像や文書ファイルを保存できますが月間のアップロード容量が少ないため注意が必要です。

おすすめの使い方

文章をまとめたり、気になるWebページを保存して情報を集約する使い方が考えられます。
自分だけの日記として使ったり、何かの忘備録や料理レシピ、旅行の思い出をノートブック単位で作成・管理できます。
ブログを書かれている方は記事を一旦ノートで作成するという方法も使えます。

画像や文書ファイル、音声ファイルについては月間アップロード容量やノート単体のサイズ容量(最大25MB)が小さいので気をつける必要がありますが、文章を書いて残したい人におすすめのプランです。

2. Evernote プラス(月額240円)

今回新しく追加された有料プランで月間アップロード容量がは1GBまで。

ベーシックプランの機能に加えて、オフライン(モバイル端末)でノートを使用できたり、メールを保存する事ができます。
この他にモバイルアプリ版にロックが追加されるのでセキュリティが向上します。

おすすめの使い方

ベーシックの使い方に加えて、会議や勉強会・講座などで作成した画像や文書ファイル、音声ファイルを保存・集約する使い方が考えられます。

メールも保存できるので、重要なメールを保存しておいて、あとから検索して引っ張り出せるようにできます。

モバイル端末の場合、オフラインでの作業が可能になるので、電波の届かない地下や山の中で使うなんて人には重宝するかもしれません。

月間アップロード容量が1GBでノート単体のサイズ容量(最大50MB)も増えているので、ヘビーユーザー以外は一度このプランで使ってみて足りなかったらプレミアムにするという方法が使えます。

3. Evernote プレミアム(月額450円)

既存のプレミアムが月間アップロード容量無制限、ノート単体のサイズ容量(最大200MB)も増加とスペックアップしています。

プラスの機能に加えて、Office文書などアップロードしたファイル内の検索やノートのプレゼン資料化、名刺のスキャンなどが追加されます。

おすすめの使い方

日常の全てを保存したい人や仕事用のスペースとして使いたい人向け。

毎日撮った画像をアップロードしたり、会議や勉強会・講座に関連するファイルを全て保存したり、名刺をスキャンしてすっきりするといった使い方ができます。

月間アップロード容量無制限に加えてノート単体のサイズ容量(最大200MB)が大きいので、とりあえず全て保存するという使い方ができます。

最後に

今回はEvernoteのプランが変更していたのでそれぞれのプランに合わせたおすすめの使い方を書いてみました。

今回中間のプランが登場したことで、「ベーシック->プラス/プレミアム->プラス」というプラン変更がユーザーの中で起きそうです。
プレミアムは月間アップロード容量無制限になったので月間アップロードの残量を気にせずアップロードし放題できますね。

ちなみに、ドコモのスマートフォンユーザーの場合はEvernoteのプレミアムアカウントが1年間使えます。
端末に紐付いているようで、私のGALAXY Note2もCyanogenModなのに普通に認証できてしまいました。
今なら月間アップロード容量無制限になるので試してみては如何でしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
Evernote プラスと新しい Evernote プレミアム登場 – Evernote日本語版ブログ

ドコモをお使いの皆様、Evernoteへようこそ! | Evernote

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>