ヤマダ電機とソフトバンクの資本提携 業界トップは何処へ向かうのか

By: Yusuke Kawasaki

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  4. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  5. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  6. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  7. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  8. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  9. 大阪新世界の寅勝で串かつ食べ放題をしてみた
  10. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
この記事の読了時間: 23

ごきげんよう

家電量販店は色々ありますよね。ヤマダ電機やケーズデンキ、ビックカメラ、エディオン、ヨドバシカメラなど。
その中でも業界トップのヤマダ電機は家電からスマートハウス、太陽光発電システムなど色々な分野で動きを見せています。

By: Yusuke Kawasaki

そんな中、ヤマダ電機とソフトバンクの資本提携を発表しています。
ヤマダ電機の店舗やスマートハウス事業とソフトバンクのブロードバンド事業や自然エネルギー事業(太陽光とか)やPepperのロボット事業などが融合することで新たな価値をということです。

ソフトバンクが進めているPepperを含めたロボット事業を広めていくには実店舗も必要。
しかし、現状のソフトバンクモバイルの店舗ではまかないきれない。そこで今回の家電量販店での提携という考えもあるかもしれません。

ソフトバンクは過去に買収したスプリント関連で動きがあるようでかなり気になります。
買収や投資は行っていますが上手くいっているのか果たして。
子会社は合併させてまとめてますからね。

By: MIKI Yoshihito
ソフトバンクモバイルを含む子会社4社が合併へ 名を残すウィルコム沖縄
ごきげんよう 沖縄には移動通信サービスブランドとしてソフトバンクとY!mobileの2つがあります。 複数のブランドが並ぶ家電量販店だと隣同士。とはいえ、ブランドの後ろに居る会社は違います。 沖縄のソフ…

今回の資本提携で国内向けの事業強化で軸を整えたいとも見えます。
ヤマダ電機の中でもソフトバンクの影響力が大きくなって携帯電話事業とかも少し「推し」ぎみになるんじゃないかと懸念がありますが株式の5%取得ということで心配するほどでは無いのかもしれません。

今後の動き、新たな提携による効果に期待しておきます。

それでは ごきげんよう

source:
資本業務提携契約の締結及び第三者割当による自己株式の処分に関するお知らせ – 913

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>