使う月も使わない月も同じプランで 日本通信のおかわりSIM


今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  3. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  6. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. ひとりカラオケからセルフサービスカラオケへ 全てセルフサービスのカラオケ店登場
  9. 大手携帯キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ容量くりこし仕様について比較してみた
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 232

ごきげんよう

格安SIM、格安スマホのニュースが増え、MVNOという名前を知ったという方も増えてきたのではないでしょうか。
だけど、なかなか移行できない状態かと思います。
そもそもこれまで高速データ通信容量が最大7GBだったのに1GBや3GBで耐えられるかしらと。
使う通信量は個人によって変わるのでなんとも言えません。

OpenClipartVectors / Pixabay

そんな中、日本通信から「b-mobileおかわりSIM 5段階定額」(愛称:おかわりSIM)が6月10日から出るようです。

5段階定額ですよ。これまであっても2~3段階が限界でした。それを軽々と超えてきた5段階定額です。

おかわりSIMは高速データ通信量1GB税別500円からスタートして、最大5GB1,500円で使えます。
それ以降は最大200kbpsになりますが、「スマホにしたけど、どのくらい使うか分からない」って人には使いやすいと思います。

このプランがこれまでと何が違うかというと細かい5段階分けで高速データ通信が可能だということ。
特に1GB単位だということでしょうか。
100MBや500MBぐらいのクーポンで追加購入するものがありましたが、段階のものは無かったかと思います。

公式としては決まったGB通信量の定額プランに潜む「使っても使わなくても結局は定額」をおかわりSIMで排除しようという試みらしいです。
数GBの通信量となれば、使わない月使う月の違いは出てくる可能性があるのでこの「おかわりSIM」のほうがお得になるってこともありそうです。

5GBを超えて思いっきり使う場合は「b-mobile SIM 高速定額」を勧めしてます。
「おかわりSIM」に対する食べ放題プランみたいなものですね。

b-mobilekousoku_02
b-mobile SIM 高速定額を買ったので実際の速度や使用感を書いておく
ごきげんよう 最近、ドコモ系MVNOでは通信量無制限(LTE使い放題)を宣伝文句として様々なサービスが出てきた。 「ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン」や「U-mobile LTE使い放題プラン」、「b-mo…

まずは「おかわりSIM」にして、物足りなかったら「高速定額」にするという事もできそう。

何時もながら日本通信のプレスリリースのセンスは良い。

それでは ごきげんよう

source:
日本通信、おかわりSIMを新発売 - 500円から上限1,500円の5段階定額 -

b-mobile おかわりSIM 5段階定額 | b-mobile

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>