木々の間を歩く 備瀬のフクギ並木を歩いてみた

fukugi_201501

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  5. 京都祇園にはちょっと変わったLAWSONがある ローソン 八坂神社前店
  6. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  7. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  8. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  9. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 224

ごきげんよう

今回は沖縄県の美ら海水族館のすぐ近くにある「備瀬のフクギ並木」に行ってきました。

美ら海水族館近くと言ってもそもそも本部町まで那覇空港から約2時間。
せっかくここまで来たのなら訪れてみてはいかがでしょうか。

木々の間を歩いていると癒やされますよ。

fukugi_201501

1. 備瀬のフクギ並木はちょっとわかりにくい場所にある

「備瀬のフクギ並木」は本部町備瀬エリアにあるんですが、なんとも場所がわかりにくいです。

「ホテルオリオンモトブリゾート&スパ」がすぐそばにあり、ホテルに続く道とホテルそばを通る道を混同しやすいです。
下りの道を降りていくとフクギ屋があり、その近くに車を停められます。
ちょうどそのときは水牛車もいました。

fukugi_201502

この看板の右から「順路」とあって先に進むことができます。

2. レンタサイクルも借りられます

道はおよそ1キロメートルほど。レンタサイクルを借りることも出来ます。

歩いたほうがゆっくりと景色を楽しめますよ。私は歩いて行ったり来たりしました。
時間がある方は歩くことをオススメします。

3. フクギ並木通りの入口は突然やってくる

fukugi_201503

順路に進んでいくと突然「備瀬フク木並木通り」の文字が現れます。
綺麗な花が写っていますがこの時点でそれなりに歩いています。

道の途中で色々なお店があるので、夏はふらっと立ち寄りたくなるかもしれません。
例えばマンゴージュースとか。

砂の上を歩くのでサンダルのほうが良さそうです。

4. 終点の先はいつもの日常

fukugi_201505

「備瀬フク木並木通り」はまるで別の世界のようでした。
木々の間を歩くのが楽しいですが、終点に到達するとなんとも言えない気持ちがこみ上げてきます。

ここから折り返して戻るか、海側に出て戻るかは各自の判断ですが、私はここから海側に出てさらに北の備瀬崎に行きました。

bisezaki_201502
備瀬崎で海の生き物を見た
ごきげんよう 今回は沖縄県本部町にある備瀬崎で海の生き物を見てきました。 美ら海水族館(海洋博公園)からちょっと北に位置する海岸です。 灯台があり、浅いところもあるので水遊びしたり、魚を観察したりできます。…

ここまで来たらもう少し歩いてみてはいかがでしょうか。

fukugi_201504

5. 最後に

今回は沖縄県本部町備瀬エリアにある「備瀬のフクギ並木」に行ってきました。
歩くだけで癒されるようなそんな空間です。

都会で忙しなく働く日々。
ここで、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

それでは ごきげんよう

source:
「備瀬のフクギ並木」人気の癒やしスポット | たびらい沖縄

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>