CiNii Dissertationsで自分の研究に関連する博士論文を探してみませんか

By: Sela Yair

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 京都祇園にはちょっと変わったLAWSONがある ローソン 八坂神社前店
  3. SMART ICOCAの退会(払いもどし)をしてみたので注意すべきことをまとめておく
  4. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  5. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  6. イオンゴールドカードのインビテーション到着からカード受領までをまとめてみた
  7. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  8. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  9. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  10. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
この記事の読了時間: 141

ごきげんよう

大学4年生や修士、博士課程の方々は自分の研究に関する論文を探し回りますよね。
大学の図書館だったり専用のDBがあれば良いですが一元管理されていないのでなかなか面倒です。

By: Sela Yair

そんな中、国立情報学研究所(NII)がCiNiiの博士論文版であるCiNii Dissertationsを試験公開しています。

CiNii Dissertations – 日本の博士論文をさがす – 国立情報学研究所

国内の大学等学術機関のリポジトリにて公開されている博士論文、国立国会図書館が所蔵する博士論文について一元的に検索することができます。

ということでCiNiiや紙の論文誌だけでなくこの「CiNii Dissertations」で「とりあえず関連しそうな論文を探してみる」という事ができます。

学位規則の一部を改正する省令の施行について:文部科学省

学位規則の一部改正によって博士論文をインターネット上で公表するというものがあります。

まだまだデータベースは膨らんでいきそうですが、学生のみなさんは有効活用しましょう。
自分の研究に関係のありそうなワードで検索するだけでも色々見つかりますよ。

私も実際に大学でやっていた研究のキーワードを入れたら最近の論文が見つかりました。
なかなか面白そうだ。

さあ、これで論文の海にダイブしよう。

それでは ごきげんよう

source:
CiNii – お知らせ – CiNii Dissertations 試験公開について – サポート – 学術コンテンツサービス – 国立情報学研究所

CiNii Dissertations – 日本の博士論文をさがす – 国立情報学研究所

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>