沖縄糸満市にあるいなみねで白熊を食べてみた

inamine_201501

今日の人気記事

  1. SMART ICOCAを発行して使ってみたので良い点悪い点をまとめてみた
  2. 円錐形ドリッパーを買ってみたので台形(扇形)ドリッパーとの違いをまとめてみた
  3. LinuxでGoogleドライブを使えるようにしてみたのでメモ残しておく
  4. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid Lollipop(5.0/CM12.0)にしてみたのでメモを残しておく
  5. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid KitKat (4.4.4/CM11)にしてみたのでメモ残しとく
  6. UFOキャッチャーを使って計1,000円程度でぬいぐるみを4つ取ったので注目すべき点をまとめておく
  7. 使わなくなったスマホケース それリサイクル出来ますよ
  8. マウスからトラックボール(親指型/人差し指型)に変えて感じたメリットとデメリット
  9. BIC SIMカウンターでSIMカードをmicro SIMからnano SIMへサイズ変更してみたので残しておく
  10. GALAXY Note II(SC-02E)をAndroid 6.0.1 Marshmallow(CM13)にしてみたのでメモを残しておく
この記事の読了時間: 155

ごきげんよう

今回は沖縄糸満市にあるいなみねに行ってきました。

このお店は何度か名前が変わっているようです。
色々とあって「まるみつ」から「丸三(マルサン)」、そして現在は「いなみね」に改名しているようです。

暑くなってきたので白熊を食べに行ってきました。

inamine_201501

1. 駐車場の場所が分からず焦った

いなみねに到着したものの、車を置く所が何処なのか分かりませんでした。
店舗の張り紙を見て、駐車場は斜め向かい(お店から道路を挟んで斜め左)という事が分かりました。

この情報、お店の張り紙に書いてあるんですがなかなか分からず焦りました。

今回で覚えたので次回からは大丈夫です。

inamine_201502

2. 注文は紙に書いて渡そう

お店に入ると左手にショーケースがあり白熊をはじめ冷やし物が並んでいます。
奥に長いお店の構造。空いているテーブルに座りましょう。

inamine_201503

ここでは注文用紙に記入して店員に渡すスタイルです。
テーブルにはメニューがあるので確認しましょう。冷やし物だけでなく食事もできます。
名前と数を書きましょう。

白熊は1人で1つか2人で1つなのでご注意を。
お冷はセルフです。

3. 現れた白熊

inamine_201504

大きな姿で現れました。これが白熊です。
2人で食べるので一緒に深めの取り皿ももらいました。

ここからは、いかにしてかき氷部分が崩れ落ちず、溶けるよりも早く食べるかです。

かき氷部分が溶けると液体が流れだすので気をつけて食べ進めましょう。

この白熊は、一言で言えばミルクカキ氷 on 白玉ぜんざいです。

白玉ぜんざいがかき氷の下から現れたときの感動を伝えたいですがどう言えばいいか分かりません。
「見つけてしまいました」としか言えないです。

美味しかったです。

4. 最後に

今回は沖縄糸満市にある「いなみね」に行ってきました。
名物白熊はどんどん溶けるので困りましたが、美味しかったです。

そういえば、名の知れた女優さんを含め、複数の色紙が飾られてました。
この味が好きな方は確かに居るんですね。

それでは ごきげんよう

source:
いなみね冷し物専門お食事処

RSS/feedlyはこちら

follow us in feedly


プッシュ通知受信はこちら



Twitterアカウントはこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>